大方ホエールウォッチング 2019/05/02 8時便

GW11連休なのに予定していた弘前行きをキャンセルし、残る予定は弘前行きがキャンセルになった場合の保険としてホテルのみ予約済みの岩国フレンドシップデー。
天気も良さそうですが、ブルーインパルスの展示飛行がキャンセルされたとはいえ、ものすごい混雑になるのは必至で今ひとつ行こうという気が起きない。。。歳ですかね~

それなら高知や南紀のホエールウォッチングにしようかとホテルを探すがどこも空きはない。当たり前か。
ま、日帰り圏内なので、毎年GWに鯨仲間のSさんがサーフィンがてら大方ホエールウォッチングに通ってるはずので1日夕方、LINEで大方に来てるのか聞いてみたら4月29日から高知入りしており、ホエールウォッチングは5月3~5日の午後便で予約しているとのこと。
GW期間中は10時便がなく、8時便と13時便のみとなり、それぞれ同じ船長が担当するので8時便だと時間制限があるけど13時便なら8時便の情報も得られるし、時間延長も出来るからということでした。
それなら確実に8時と13時の便に乗船出来るやん!

で、Sさんが大方ホエールウォッチングのOさんに連絡を取ってくれて3日13時便の空きがあるから私の予約を確保してくれたんですが、出来れば午前午後両方に乗船したいのでOさんに連絡して予約状況聞いてみると3日も1名なら8時便空きがあるとのこと。他の日の予約状況聞いてるうちに3日午前午後予約したつもりが長い休みのせいかボケてて2日午前午後を予約してしまったので慌てて3日13時便も予約。宿も確保できてないのにw

宿は2年前のGWに民宿たかはまに当日予約出来てしかも貸し切り状態だったので、空いてるんじゃないか?と電話を入れると、確かかなり高齢のご夫婦が経営されていたのに若い女性の方が出て、周りからかなり賑わってる様子の音が聞こえる。。。
民宿の方は満席でしたがゲストハウスも経営されてるそうで、そちらなら狭い部屋だが空いているとのことだったのでお願いしました。

2日午前3時20分に自宅を出発!山陽自動車道はいつもより若干混んでる程度でしたが、PA・SAが軒並み満車表示。この時間帯だと大部分が車中泊でしょうが、こんな混み合う時期にPA・SAで車中泊するのはダメでしょう・・・。なんとかならんのかな?

高知道終点は四万十町中央ICですが、降りてすぐに片坂バイパスが出来ており、国道56号線の急カーブ地点をショートカット出来てアクセスが良くなりました。早く高速が大方まで延伸してくれるとよいのですが。

入野漁港へはきっちり4時間で到着。
8時便は3隻出航。20名くらいの団体さんもやってきて受付は大賑わい。飛び込みでやってくる人も何人かいましたが満席でお断りされてました。
出航時刻はやや遅れて8:18。乗船したのは慶福丸。一番最初に出発です。
画像

出航後まもなく、潜る状態のニタリ発見!船の中でゴソゴソしていた船長に伝えたら驚いてました。まだ8:34と出航してからわずか16分後ですからね。陸からも近く、後でGPSログをチェックしたら港から4.8Kmの地点でした。
そして間もなく浮上してくるニタリを確認し、追いかけます。
この写真、もっと背景を入れるべきでしたね。。。浜が近いのはなんとかお分かりいただけるかと。
画像

個体識別されているTB-04と思われます。
画像

後続の2隻も急行しますが3回ほど浮上したのち見失ってしまい、1隻は見ることが出来ませんでした。
その後一旦このポイントを離れたものの、再び戻ってみて探しますがニタリは行方不明。別のポイントに向かいます。
10時半ごろに別の船が見つけたハナゴンドウに遭遇。しかし広くばらけており、かつ数が少ない。全体で20頭もいなかったのでは?
画像

そこから1時間後、ニタリを見られなかった船が見つけたマイルカの大群に遭遇。
マイルカは400~500頭はいると思われ、ニタリは見られなくても我々よりマイルカを満喫できたので満足でしょう。
慶福丸は他の船より小型なのであまりスピードが出せず、マイルカのポイントまで時間がかかったのでじっくり楽しむ時間がなくて残念。
画像

画像

画像

画像

しかし、ニタリクジラ1頭、ハナゴンドウ数頭、マイルカ400~500頭(船長はめんどくさいから100頭と事務所に報告してたようですが過少報告はいけません!)に出逢えて令和初ウォッチングは好スタートとなりました!
今日から入野の浜で開催されているTシャツアート展を浜近くまで寄って12:31帰港。
画像

"大方ホエールウォッチング 2019/05/02 8時便"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

最近の記事

テーマ別記事