大方ホエールウォッチング 2016/09/10

今シーズン2回目のホエールウォッチングは大方へ。

前回の宇佐から一ケ月以上開いてしまいました。8月に入ってから足摺沖にニタリクジラがついてくれて大方の遭遇率が良くて行こうかなと思ったら連続して台風がやってきて欠航続き・・・。ついでに低気圧の影響か腰の具合も悪くなり・・・。

ようやくこの週末は天気予報では10日は晴れだったので前日9日に電話で予約。
大方では第二土曜・日曜に一日ツアーの募集をかけているので、そちらが出航予定なら参加したかったのですが、生憎参加者がいないらしく、10時便のみ出航確定しているそうなので10時便に乗船することに。

去年もAGさん達と大方の10時便に乗船しましたが、途中高知市内でAGさんをピックアップして向かったので自宅から直接10時便の時間帯に向かうのは今回初めて。
自宅から乗船場所の入野漁港までは333km。8時便に乗船する際は通常4時間、最短で3時間半(朝ごはん休憩込みでw)の所用時間ですが、高知入りの時間が遅くなると交通量も増えるので少し余裕をもって4:41出発。
やはり高知自動車道 高知IC以西は対面通行なのと下道では交通量が多くてペースが落ちる。

しかしそれでも4時間少々で入野漁港着。
画像

10:05出港。美恵丸に乗船。乗船客の半分強は海外の方でちょっとびっくり。香港のメディアの取材を受けた影響で香港からのお客さんが増えているそうです。
画像

てっきり足摺方面に向かうのかな~と思っていたら東に向かいます。

途中トビウオが跳ねるとスペインかポルトガル語?を話す外国人の親子が歓声を上げていますが、だいたい初めてのお客さんはトビウオ見ただけでもすごい歓声を上げるんですね。微笑ましいな~とおもっていたらハナゴンドウの群れを見つけてました。やるな。。。

だいたい30頭程度の群れでしょうか。広く散らばっていますがそのうち2頭がジャンプを繰り返してます。
海は凪いでいるのですが空の雲が海面に反射してジャンプする個体を追おうとしても水面下が見づらくてフレーム外でジャンプを見逃すこと数回。しかしなんとか撮れていました。
トリミングはしてますが。
画像

この後、ジャンプの写真は諦め、肉眼で観察しましたが比較的近くで2頭揃って綺麗にシンクロしてジャンプしてくれました。

遠くに黒潮牧場のブイが見えてます。何号ブイなのかな?
画像

3頭並んで
画像

これはちょっと深く潜るときの態勢
画像

この傷の模様具合だとまだ比較的若い個体かな?
画像

この後、前日9日にニタリ2頭を発見したポイントに向かいますが発見できず。。。
撮るものないので雲の写真を。秋らしい雲ですね~
画像

船を西に向け探しますが、途中船長から仲間の船と手分けして探したがどちらもいないし時間なのでもう帰りますと説明が(今日の船長の土佐弁は非常に聞き取りにくかったのでたぶんこういう内容のはず(笑))。

それを聞いたさっきハナゴンドウを見つけた外国人のぼくちゃんがニタリに出逢えなくて悔しいのか泣いてました。パパになだめられてましたが、何を話してるのかはさっぱり理解できないものの、たぶんそうだろうと。
全然カンケーない私ですが、「おっちゃんが今度かたきとったるわ!」と心の中で固く誓ったのでした(笑)

帰港はきっちり帰港予定時刻である14時前の13:56。
たぶんこれ以上時間延長して探しても見つからないと判断されたのでしょう。私もその判断は正しいと思いますが、ちょっと諦めるのが早いかな~とは感じました。出港時、時間延長しても問題ないと乗船客の皆さん言ってたし。

しかしながらハナゴンドウがジャンプする珍しいシーンに遭遇出来てなかなか楽しめたウォッチングでした。
翌日は用事があるので今日は日帰りですが、帰りに高知市内に立ち寄ってから帰宅。

お目当てのニタリには残念ながら遭遇できなかったので近日中にリベンジせねば!


"大方ホエールウォッチング 2016/09/10"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

最近の記事

テーマ別記事