みちのくひとり旅 2016/04/22

色々あって花見もロクに出来ないまま桜が散ってしまった…。
先日ボルボのディーラーから届いたDMを見てまた弘前城に行きたくなった。もちろんクルマで。
画像

22日と25日休みが取れ、宿も直前だったので去年同様カプセルホテルになってしまいましたが、お風呂は温泉だし弘前城まで徒歩5分程度と便利なのでまあいいでしょう。

平日ゆえ、高速料金節約のために3時30分に出発し、深夜割引が適用される4時までに高速へ。

ルートは山陽自動車道~舞鶴若狭自動車道~北陸自動車道で新潟から先はそれまでの進捗状況により去年同様の日本海側か磐越自動車道~東北自動車道にするつもりでした。
舞鶴道は対面通行部分でペースの遅いクルマに引っかかったのと、前日仕事が遅くなり睡眠時間が足りなくて眠く、SA・PAで頻繁に休憩。
途中、「お嬢様聖水」でチャージ(笑)
画像

しかし聖水効果も能わずどうにもペースが上がらないのと、 空模様がイマイチで日本海側の眺めも期待出来ないので100km以上距離が伸びますが磐越道経由へ。

結局現地着は19:15と去年より1時間20 分ほど早く出たのに到着時刻は同じくらいと去年以上に時間がかかってしまった。やはり下道走行が多くても距離が短い日本海側ルートの方が良いようです。

ちなみに去年はお尻が痛くなったけど、どうやらドライビングポジションが悪かったようで今回は全く問題なし。
長距離ドライブの際はシートをやや前にセットするのがいいと何かで読んだのでそうしてたんですが、それだと体育座りの様になってお尻の血行が悪くなって痛くなることにようやく気づいた(^^;)

で、弘前城の桜はまさに満開!
画像

画像

天守が移動し、内濠も去年同様入られるようになってます。
画像

移動後の天守の東に展望台が出来てました。
画像

展望台から天守を。
画像

ここは桜の巨木が多く、実に見ごたえがあります。
画像

今回で弘前城は3回目ですが 広いので迷ってしまって思うように見てまわれない。
幹周5.37mと日本最大幹周のソメイヨシノ.を長時間露光中に22時でライトアップが消灯。 画像は現像で明るくしてみたのですが右下に人が写りこんでますね。背景も悪いから別にいいか。
画像

それにしても夜はさすがに冷えましたね。薄手のダウンジャケットを用意してたのに着てなくて後悔。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ballomam

    「お嬢様聖水」では・・女神が目覚めてダメだったのですね。
    日本は移動すれば季節を遡れるのですねぇ。綺麗です~~
    2016年04月27日 15:10
  • achisi

    こんばんは。弘前の桜、一番良い時に行かれたのですね!
    それにしてもぜーったいに真似できそうにありません。お疲れ様でした~。
    2016年04月27日 20:42
  • T2000

    ballomamさん
    ああそうか!あのドリンクおっさんでは効き目がないということなのですね(笑)
    これだけ長距離移動すると桜前線に追いつけるものなんですね~
    飛行機で行けば楽ちんであっという間ですが、クルマで行くことで季節を遡ってる実感がありました。
    2016年04月27日 22:46
  • T2000

    achisiさん
    ええ、今回はバッチリでした!
    走行距離は1240kmぐらいですが、睡眠・休憩をきちんととっていれば時間はかかるけど思うほどつらくはないですよ。
    私の場合、ドライブに餓えていたからなのかもしれないけど。
    2016年04月27日 22:55
  • うらしまおばさん

    わ! わがふるさと弘前城の桜!
    友達から写メ送ってきたけど懐かしいですなあ。
    もう満開の時期に何年も帰ってないなあ。
    2016年05月01日 20:16
  • T2000

    うらしまおばさん様
    今年も行って参りました!3度めの訪問にしてようやく満開を拝めました(^^)
    可能なら毎年通いたいです!!

    うらしまさんが撮る弘前城の桜の写真もいつか見てみたいです!
    2016年05月03日 10:15

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近の記事

テーマ別記事