T2000 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 南紀クジラツアー 2013/05/18

<<   作成日時 : 2013/05/18 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 7

先月空振りに終わった南紀クジラツアーのリベンジに再びやってきました。
元々参加予定ではなかったのですが、二日前になって天気予報が良くなったので。
金曜仕事を終えてから3時間ほど睡眠をとり、翌0:31出発。先月同様所要時間が最短になるルートで南紀入り。
今回は対面通行部分と下道でちょっと引っかかりましたがぎりぎり4時間クリア。
画像

これで南紀へは確実に4時間で到着出来る確信を持てました。しかしウォッチング船乗船前に山道を100kmほど走るのはきつい。

クジラツアーの参加者は8名。前回同様、米川船長の恵亮丸。また東船長の信正丸も通常便として共に6:06出港。
十分に睡眠をとれていないので早速揺れの少ない船尾でポイント到着まで寝ようかと思ったら出港後10分ほどでシワハイルカの50〜60頭程度の群れに遭遇!こんな陸近くで見られるのも珍しい。
ダルマザメにやられた個体もいました。(06:31)
画像

(06:31)
画像

(06:32)
画像

(06:36)
画像

清丸ホエールのウォッチング船と信正丸(06:39)
画像

船とは遊んでくれませんでしたが、ブリーチしたり。。。(06:46)
画像

(06:46)
画像

テールスラップしたりもしてました。(06:47)
画像

(06:56)
画像

1時間程度楽しんでクジラを探しに。
・・・がここからなかなか見つからず、私も一生懸命探していましたがやはり疲れてバテてきた。
水中マイクを使ってマッコウクジラのクリック音が聞こえないかチェックするがさっぱり。
座り込んでもうろうとしたままボーっとしていると東船長の船がザトウクジラを発見したという情報が入り、ポイントへ向かう。
しかし私はああそう。。。って感じでバテバテ(^^;)

途中カンムリウミスズメの親子に出逢う。親は2羽いたのですが、3羽うまく収めることは出来なかった。
幼鳥が可愛い。(12:35)
画像

ついにクジラ発見!!やっと目が覚めた。(12:49)
画像

が、どうやらザトウクジラではない。。。ニタリクジラのようだ。(12:51)
画像

高知 土佐湾でよく見られるクジラだがここ南紀ではこれまで数回程度しか見ていないとのこと。そのためか当初あまり寄ることが出来ませんでしたが、追っているうちにクジラの方もこちらに慣れてきたのか数回横で見ることができた。
また、ブローの回数も高知で見られるものより多い。こちらは水深が深いのでより深く潜るからだろうか?
この個体も激しくダルマザメにやられている。写真には写せてませんが背中を広範囲にやられています。(12:51)
画像

ニタリクジラで間違いなさそう。くじらっこさんにも確認してます。(13:14)
画像

帰港は15:01。
ウォッチング乗り場では焼肉バーベキューが!!海鮮バーベキューもよいけれど、私はやっぱり焼肉の方が好き。わざわざ大阪で購入してきてくれたいいお肉だそうで(^^)
画像

みんながっついて食べてあっという間に食べ尽くす。他にキハダマグロのお刺身やゴンドウクジラの内臓の煮物?もいただく。
サザエもありましたが、私はご遠慮しておきました。
画像


お目当てのマッコウクジラに出逢えなくて残念だったけど、イルカ・クジラに無事出逢えたし、ご馳走まで頂き満足。来週か再来週あたり再訪しようか検討中。
しかし南紀遠征は当日入りならウォッチング後は現地泊、もしくは前泊でないときついですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。。
こんなに近くで見られるなんて!!です~~
サメにやられて…サメもいるのですね
ballomam
2013/05/19 15:34
ballomamさん こんばんは。
近いというのは場所のこと?それとも見える距離?
ま、どっちも近いことは近いですね(^^)

ダルマザメっていうのは深海に住むサメでジョーズのイメージとはちょっと違いますが、皮膚に食いついて直径5〜6センチ程くりぬいて食べるという変わったサメだそうです。
背中を沢山やられていて痛々しかったです。。。
T2000
2013/05/19 21:06
はじめまして、いつもブログを読んで楽しませてもらってます♪

南紀沖でニタリクジラ(orカツオクジラ)、噂には聞いてましたが本当に出るんですね!
今年もザトウが発見されたし、だんだんと日本の沿岸にもヒゲクジラ達が帰ってきてるのかも知れないですね!
T2000さんがセミクジラを目撃されたのも南紀でしたっけ?
Tohora
2013/05/19 23:58
たびたび申し訳ございません。
ダルマザメの咬傷が多いということは、土佐湾のカツオクジラではなくて、黒潮より沖に生息するニタリクジラかも知れませんね。
Tohora
2013/05/20 00:04
Tohoraさん
コメントありがとうございます。
南紀ではいろんな種類の鯨類に出逢えることが出来ますね(^ ^)
セミクジラに出逢えたのもココでした。
ニタリはココで私が遭遇したヒゲクジラとして2回目です。

最近はザトウもご無沙汰なので見てみたいですが、本命のマッコウの発見情報が少ないのが気がかりではあります…。

ダルマザメにたくさん噛まれたニタリは土佐湾でも見かけた事があります。
比較的広範囲を回遊している個体なのかも知れませんね。
T2000
2013/05/20 06:56
水族館のイルカショーでしか見たことないですよ〜
見事なジャンプですね。
クジラが潮を噴き上げてる瞬間はやったーって感じなんでしょうね。
うらしまおばさん
2013/05/24 19:20
うらしまおばさん様 こんばんは。
最近家でPC見るヒマ無くてご訪問できておりませんでした。
後ほどお邪魔しますね♪

水族館で仕込まれたジャンプも見事ではありますが、やっぱり野生でノビノビしている姿が良いですよ(^o^)
やっぱりクジラのブローを見つけるとテンション上がりますネ!
T2000
2013/05/25 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
南紀クジラツアー 2013/05/18 T2000 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる