時計を修理・OHへ出しに行く

昨日故障したIWC アクアタイマーの修理とブライトリング ナビタイマー・ファイターズをOHに出すために久しぶりに休日にまずは神戸へ。

カミネ元町店でアクアタイマーをみてもらい、おそらくOHではなく点検扱いになるだろうというのと、2年前にOHしているので、保証期間は過ぎているがメーカーに交渉してくれるとのこと。ありがたい。

その後ついでにここで扱っているボーム&メルシエのケープランドを見せてもらう。今年の新作で気になっていたモデルなのです。ケースは42mmと許容範囲で値段も37万8000円と出来の割に良心的。
画像

上のスレートグレーもいいがこのブラウンが一番好き。ほかにもう一色カッパーもあります。
画像

今年出たばかりなのに来年は文字盤のバリエーションが減って代わりにシースルーバックやケースサイズ違い(多分大きくなる)、ベルトの材質変更が行われる予定だそうです。
店員さんの予想だとカッパーはなくなるのでは?とのこと。いずれにせよもう現行モデルは生産を終了しており来年1月に詳細は発表されるようですが、ブラウン文字盤なくなるのであればまた勢いで買ってしまいそうな予感・・・

ナビタイマー・ファイターズもここで合わせてOHに出してもいいんだけど、これは大阪の別の店で買ったのでそちらに向かう。・・・その前にちょっと寄り道。
このデンジャラスなお店(笑)は素通りして。。。
画像

メリケンパークでユリカモメの写真を撮るのです。途中のコンビニでかっぱえびせんを購入し、ベンチに腰掛けてあたりに撒くと寄ってくる寄ってくる。
画像

標準レンズで大きく撮影出来る野鳥撮影(^^) これなかなかおもしろいんですよ。
画像

画像

画像

かっぱえびせん放り投げると地面に落ちる前に食べ尽くされてしまいます。あっというまに一袋なくなりました。
餌をおねだりして寄ってくる姿もかわいく楽しかった。

続いて日本橋にある貴人館へ。姫路に戻ってから一度も行ってなかったけど少し前に改装されたそうで久々に見に行きたかったのです。
画像

ナビタイマー・ファイターズはかなり使用頻度が低く殆ど傷もないのでポリッシュ無しでOH依頼し、部品交換がなければ料金は31,500円。

こちらではいつか絶対買うリストに入っているIWC ポルトキーゼクロノグラフを見せてもらう。
これは私が機械式腕時計を初めて購入したときからラインナップされている息の長いモデルです。
ステンレスケースでは以下の3つの文字盤があり、ケースは40.9mmなのに文字盤がケースいっぱいまで広がっているので小さくは見えないのです。
画像

画像

画像

黒文字盤がええかな~と思っていましたが触らせていただくと視認性がやや悪く、白のブルースチールのが良いですね。レザーもネイビーというのが渋い!こちらは761,250円といい値段しますがこれぞまさに大人の時計。あこがれです。
ずっと売ってるのでそのうちに・・・と思ってますが、生産終了となったら間違いなく購入に走るでしょうね。

今日みたいに修理やOHの時でないとなかなか落ち着いて店内をみること出来ないけれど時計屋さん巡りもやっぱり楽しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近の記事

テーマ別記事