T2000 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇佐ホエールウォッチングツアー

<<   作成日時 : 2011/11/13 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今年新たな試みとして始まったシーズンオフの宇佐ホエールウォッチングツアーが12〜13日の日程で開催され、13日のみ参加してきました。
13日は5時出航予定でしたがウォッチング船の前照灯が故障したらしく、明るくならないと出航できないとのことで6時出航となりました。

土佐湾のホエールウォッチングは殆ど桂浜の坂本さんのところにお世話になっています。宇佐へは一度だけ乗船したことはあるのですが、その日は元々桂浜で予約していて、現地到着後に海況が悪く欠航となってしまい諦めがつかず宇佐に連絡すると当日出航便があるとのことで飛び入り参加したのでした。その結果はこちらの通り。。。

そんなわけで宇佐に直接向かうのは初めて。桂浜より22km程度遠いだけなので、姫路の自宅から桂浜まで2時間半で到着できるから3時頃に出発しても大丈夫だと思うが念のため1時半起床、2:05出発。ナビの登録地点が正しくなくちょっと迷いましたが4:45宇佐しおかぜ公園着。迷わなければほぼ桂浜と同じ所要時間でしたね。

しばらくするとうっちさんもやってこられ、今日の防寒装備はどうしようかなど話しているうちに参加者のみなさんが集まってきました。

6時出航。本日乗船するのは鳴滝船長の星海丸。
D3000で撮影したのでISO1600までしかあげられず流し撮りみたいになりました。手前は船の水しぶき(6:07)。
画像

防寒装備は予定していたフル装備で乗船しましたが、ライフジャケットを着るとさらに暑くなり、そうそうにモンベル EXライト ダウンジャケットは脱ぎました。思ったほど寒くはなさそうです。マフラーや手袋も不要でした。
沖から眺める日の出。
ダルマ朝日を拝めるかなと思い、サンヨン+1.4テレコンも用意してましたが海面上は雲で覆われてムリでした(6:44)。
画像


ポイントである黒潮牧場12号ブイに近づくと、これまで見たことないほどの漁船が密集しています・・・(^^;)
あんな中でクジラが浮いても近寄れませんね〜(7:20)
画像

漁船から離れたところでニタリ登場〜!
今日のニタリは結構ゆっくりと水面下を泳いでくれ、並んで撮影しやすかったのですが、うねりが大きく体を支えているとシャッターチャンスを逃すこともしばしば。
(7:27)
画像

(8:43)
画像

(8:45)
画像

方向転換中(8:50)
画像

二頭いるのですが、なかなか同じタイミング浮いてくれません・・・(8:50)
画像

これも二頭います(8:50)。
画像

(8:50)
画像

凪いでいたらきれいに見えたのでしょうが。。。(8:51)
画像

逆光方向へ向かうニタリ。アイウェアを忘れたので眩しかった(9:04)。
画像

しだいにうねりも収まってきました(9:19)。
画像

絶好のポイントにいるモリさんとくじらっこさん(9:20)
画像

これも分かりにくいですが二頭います。手前側のニタリは横を向きながら浮いてきます(9:24)。
画像

なんだかニタリの鼻がはやっているようですが、私は浮いてくる直前の姿が好き(9:33)。
画像

ブローで虹がかかる(9:39)。
画像

防寒対策万全のうっちさん。私は暑くてとっくにアウターも脱いじゃいましたが、脱ぐ余裕がなく頑張っておられます(笑)(9:52)
画像

何度かこのように水中でひっくりかえたりしてましたが・・・(9:57)
画像

今度はお腹を見せながら浮いてくれました!(9:57)
画像

若干軽装備になったうっちさんと桂浜でもおなじみのNさん。半袖に裸足。11月中旬なのにこれでちょうど良いぐらいの暖かさだったのです(10:18)。
画像

この後もしばらく12号ブイ周辺でニタリを追い続けます。1頭・2頭といたものが3頭にまとまったりもしてましたが、またばらけてしまいました。
(10:21)
画像

(10:40)
画像


この後、遠くでイルカらしきものが跳ねていて向かうとハナゴンドウでした。実は今年初めて見ます(11:23)。
画像

そのなかに激しいアクションでブローするニタリを発見し追うが早い早い!
揺れまくって殆ど写真は撮れませんでした(11:36)。
画像

だいぶ12号ブイから離れてしまいましたが、戻る途中ハナゴンドウのフルブリーチに遭遇!数回繰り返してくれましたが全く写真を撮ることも出来なかった・・・

この後12号ブイ周辺でもニタリが浮いてこなくなり、一時は8号ブイへ向かおうかともしていましたが、情報がなく12号ブイ付近で船長のお仲間から分けてもらった獲れたてのマグロ(だったかな?)をいただく(12:30)。
画像

この後もまったくニタリが浮いてこなくなり予定よりやや早く帰路につく。14:31帰港。



前日はフィーディング三昧だったそうですが、本日は鰯があまりおらず、フィーディングはなし。でもニタリのお腹側やハナゴンドウのフルブリーチを見ることが満足度の高いウォッチングでした。
船長からはお土産に生姜をたくさんいただきました。ありがとうございます。

また次回開催も検討するそうですが、クジラは今年はコレで最後かな〜

帰港がもう少し早ければ祖谷のかずら橋の紅葉でも撮りに行きたかったが、向かうにはちょっと遅くなったのでまっすぐ帰る。そこそこ混んでいたが帰りの所要時間は2時間48分、18:04帰宅でした。

風呂に入ると左足のレッグウォーマーをつけていた太もも上端部分のゴムの跡がくっきりと残っており、太もも部分をウォッチング船首の手すりに押しつけて体を支えていたためか水ぶくれまで出来てしまっていました。これはホエールウォッチングには使わない方が良さそうだ。

また前の記事で書いてた高速走行時のハンドルのブレですがかなり軽減されてるものの、まだ若干残っていますね。気のせいか行きより帰りの方が気になりました。。。
タイヤは新車時から全く交換してないので買い換えてバランストってもらわんといかんな。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
今シーズン最終?(笑)のウォッチング、なかなか楽しめましたね。
1日ツアーに慣れてしまうと、通常便が物足りなくなってしまいそうです。
うっち
2011/11/14 13:04
うっちさん
お疲れさまでした。
そうですね〜これで最後だと思います。
7月末で終わりのつもりがえらく延長してしまいました(笑)

1日ツアーは確かに時間の余裕があるから良いですね。
予算にも余裕がないといけませんが(^_^;)
T2000
2011/11/14 19:53
ニタリのお腹の写真、いいですね〜。
ハナちゃんのフルブリーチも見られたのはうらやましい!
次回がもしあれば出陣を検討したいです。波が心配ですが・・・。

もうニタリは大群になっているかと思いましたが、
まだのようですね。12月以降になるのでしょうか?
AG
2011/11/15 21:06
AGさん こんばんは。
ええ、大満足のウォッチングでしたよ!
今年は大群どうなんでしょうね・・・。来月なのかな〜

どちらにしても来シーズンまではクジラはお休みかな。
車のタイヤも交換しないとダメだし、他にもいろいろ出費の予定があるもので。
それに冬期は高知道の山間部で凍結する場合がありますからね。
T2000
2011/11/15 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇佐ホエールウォッチングツアー T2000 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる